心理学専攻って将来どういう職業につけるの?!


カウンセラーとしての仕事

資格取得や生涯教育講座などで人気の高い心理学ですが、大学にも心理学という分野があります。心理学を専攻した人の進路として有名なのがカウンセラーです。病院に勤務するカウンセラーであったり、学校に設置されているスクールカウンセラー、大企業などで働く産業カウンセラーなど、幅広い分野でカウンセラーとして働くことができます。ただし多くの人は大学院まで進んで心理学を学び、臨床心理士の資格を取得してから働くことが多いです。

教育学部にある心理学科

一般大学に心理学があることは知られていますが、教育学部にも心理学を学べるところがあります。もちろん教育学部なので、将来は学校の先生になることが多いです。ではどのような教科を担当することになるかというと、特別支援学校教諭を目指す人もいれば、一般の小学校教諭になる人もいます。教科に当てはまるわけではなく、児童心理学や発達心理学などを進路指導や生活指導などに生かしていくという働き方です。

一番多いのは一般企業

心理学を専攻した学生で、最も多い就職先は「一般企業」です。身に着けた専門分野を直接活かせる企業に就職したという人は少ないと言われています。これは心理学を専門とした就職先が極端に少ないことが理由です。それでは、せっかく学んだ専門知識が役に立たないかというと、一概にそうとは言えません。マーケティングや営業に心理学が活かせることもありますし、子育てで役に立つこともあります。心理学とは日常に役立つ専門分野でもあると言えるのです。

心理学の大学を受験する場合は、自分の学びたい分野のコースがその大学にあるかをまずチェックしましょう。各大学によって重きを置いている分野が異なるので、事前に担当講師や講義内容を把握しておきましょう。