たくさんある決済代行サービスから自社に合ったものを選ぶ


決済手数料が低ければその分収入は多くなる

現在利用できる決済代行サービスはとても多く、どこと契約すればいいのか迷ってしまうことも少なくないでしょう。ただ、自社の都合を優先して探せば、選ぶのはそれほど難しいことではありません。基本的にポイントになるのは、まず決済手数料です。決済代行サービスはクレジットカード決済やQRコード決済を請け負うことで、代金の一部を手数料として徴収します。つまり、1000円の商品を決済代行サービスのシステムを通じて販売した場合、ショップの手取りは1000円未満になるということです。取られる手数料が多ければ多いほど、サービス導入側の収入は少なくなるので手数料はできるだけ少ない方がいいといえるでしょう。ただ、取られる手数料が少なくてもサービスの使い勝手がよくないということでは、「安かろう悪かろう」になってしまうのでバランスを見極めることか大切です。

客層に合った決済手段が用意されているか

自社で客層にあった決済手段が用意されているというのも選ぶときのポイントです。たとえば未成年の客が多い場合、決済手段としてコンビニ払いが用意されていないのは致命的といえます。というのは、多くの未成年者はクレジットカードやデビットカードを所持していないことが多く、現金で支払うことが多いからです。銀行振り込みに対応していたとしても、ATMから振り込む場合の手数料は400円を超えることも少なくありません。数百円の買い物をするときに、代金を支払うだけで400円もの手数料を負担しなければならないとなると、多くの未成年客は購入を諦めてしまうでしょう。コンビニ払いであれば、手数料の一部を会社で負担することで未成年客でも利用しやすくなります。

決済代行は企業と消費者の間に入って決済を行ってくれます。特に法人相手には信用も重要なので利用すると便利です。